貧血女子が妊娠をキッカケに本格的な貧血対策を始めた写真私がはじめて貧血の症状が出たのは中学生の頃でした。本当に良くあるパターンの典型的で、朝礼中に気分が優れなくなり、危うく貧血で倒れそうになったのです。

その時はまだ子供だったので、貧血の原因とか、どうしたならないかなどは深く追求する事は無かったのですが、何となく自分自身が貧血であると知りました。

その後もばたりと倒れるほどのものではありませんが、事あることに貧血状態になる事が多かったのです。

特に私の場合は便秘でお腹が痛くなる、トイレへ入っていると貧血になるとか、生理前にふらりとくるとか、寝不足だと貧血ぎみになるとか、色々でした。

その都度、対策は取るようになりましたが、きちんと自分の体質を知り、対策を取ったのはやはり妊娠してからでした。

妊娠している時は特に鉄不足を指摘されたので、かなり神経質にもなりました。

なるべく食事で鉄不足を補う努力もしましたは、なんせつわりがあったので、食事からの栄養はあきらめました。そんな時に義理母からいただいたサプリが鉄入りサプリだったのです。

当時は葉酸サプリというようなものはまだ発売が無かったので、妊婦が安心して飲める鉄分サプリと唄っているものを飲んでいましたが、やはり飲まないよりは飲んだ方が断然良いと感じたので、妊娠中はとにかく毎日サプリを飲んでいました。

鉄を摂取できていると言う安心感もありましたし、成分的にも安心できると言うところが、更に精神を安定させてくれたのか?妊娠中は幸い貧血は一度も起さずに済みました。

その後は気が向くとサプリを飲んでいました。

現在は体調次第で葉酸入りのサプリメントを飲んだりして、貧血ぎみなどを回避しているのです。

サプリなので医師の診断もいしませんし、ドラッグストアなどで購入が簡単に出来るので、とりあえずお気に入りの葉酸サプリなどを手元に置いていると言う状態でいます。また、最近はネットなどで口コミが良い貧血対策サプリもあるので参考にしています。