貧血対策の為に鉄分をしっかり補給できる料理を作った写真私が貧血に気付いたのは24歳の頃です。しっかり寝てもずっと身体の疲れが抜けなくて重だるい日が続いていました。栄養剤なども飲んでみましたがなかなか改善されず、それでも仕事も忙しかったので疲れているだけだろうと病院にいかないでいました。

そんなある日会社で受けた健康診断の結果が帰ってきました。なんと判定はD!原因は貧血でした。

貧血は婦人科がいいと職場の先輩に聞き、すぐに婦人科に行きました。

採血した後診察を受けると卵大の子宮筋腫がありました。

先生に出血量は多いかと聞かれ、普通の人の量なんで知らないのでそれまで自分が平均だと思っていましたが、日中でも夜用のナプキンでないと漏れることがあると伝えると、貧血の原因はおそらくそれだろうと言われました。

そのころには疲れがとれないだけでなく動悸や肌荒れ、ひどい時には目眩もするようになっていました。

すぐに鉄剤を処方され、服用をはじめましたが、私は子どものころから胃が弱かったのでなかなか身体に合わず、鉄剤注射に切り替えて治療していました。

注射にすると血液検査の数値は改善していきましたが、なかなか身体のだるさは解消されず肌荒れも何をやっても治らずに悩んでいました。

そんな時、栄養は腸を通してゆっくりと吸収した方がいいこと、また単体で摂るだけでなく他の栄養素とのバランスを考えながら摂取した方が吸収率が上がることを知りました。

それからは病院に頼らず、食事とサプリメントで改善するように努力をしました。

おやつにはプルーンを食べ、週に一回は必ずレバーを食べました。

それまでは肉料理と言えば鶏肉をなるべく使っていましたが、より鉄分の多い牛肉に切り替えました。身体の循環をよくするために飲み物をすべて常温の水に切り替え、代謝の際に体内のビタミンを使ってしまう糖分の多いものはなるべく控えるようにしました。

中でも一番効果があったのは、牡蠣エキスが凝縮されたサプリメントです。

鉄分は食物の含有量が低いので食事だとやはり限界があります。そんな時は良質なサプリメントに頼ることも大切だと思います。

しばらく続けると、朝起きると体がすっきりするようになりました。

血液検査の結果も改善し、子宮筋腫はそのままですが、貧血で病院に行くことはなくなりました。

今では健康診断はAです!